LSAF-1
概要 装置の構成 詳細資料(PDF)
驚異的なフォーカス速度と分解機能を誇る「ザ・Auto Focus」
概要
LSAF-1の強力なソフトウエア
  1. 自動パラメータ調整
    一般的にレーザーオートフォーカスは、対象物の反射率の違いや様々な対物レンズ倍率に対応するため、
    多くのパラメータが必要とされています。
    LSAF1はこれらの面倒なパラメータ設定を全自動化しました。
  2. 反射率の自動調整機能
    一つの対象物の中に反射率の高い部分と低い部分があると、トレース中反射率の高い所では過剰な動きになり、反射率の低いところでは動きが緩慢になってしまいます。
    LSAF1では反射率に合わせレーザーパワーを自動制御しますので、反射率によらず安定してトレースが可能です。
  3. 自動追従モード トレース動作に強制引込み機能をプラス
    トレース範囲を外れた場合、強制的に引込みを行うモードを用意しました。
  4. 連続変位モード
    トレース中、パルスモータのカウンタ値を出力出来るコマンドを用意しました。
    簡易的に高さの測定が可能です。
画像処理方式の比較
装置の構成
Image
  ▲画像をクリックすると拡大表示します
レーザ形状による特性について
詳細資料 pdf
▲上へ