PCB Checker 2008
概要 装置の構成 詳細資料(PDF)
民製品のPCとADを使用したソフトウエアです。
概要
  1. 1ステップに1つの判定をして、最大99ステップの計測が可能です。
  2. 周辺機器などの制御は、1ステップ中に測定前と測定後の制御が可能です。
  3. 市販のA/Dボードを使用して、最高100KHzで1024ポイントのサンプリングを行い、取り込みデータの計測・波形を表示を行います。
  4. Windowsの特徴を生かした対話型のデータ入力により、簡単にデータ作成が可能です。
    エディタ部は独立したウィンドウを持ち、測定中でも計測用パラメータの変更が可能です。
装置の構成
構成図
治具部のマイコンインターフェースボードは、現在、下記の基板が用意されています。
 基板名称:PCB CHECK I/F BOARD
 ドライバ数:32 MPX数:32 基板寸法:180x140
詳細資料 pdf
▲上へ